何日も情報を集めたり、寝ずに考えたプロポーズする時の言葉を、彼女がどう思ってくれるのか不安ですね。
伝える時は、恥ずかしい思いをしながら告白する訳ですから、その後の彼女の本音も知りたいですよね。

真意が伝わらない!?あれプロポーズだったの?

「幸せにします」と言われても、気がついてもらえないこともあります。

最近では、男性が彼女に「すっと一緒にいようね」「君以外の人は考えられない」などの言葉を、普段頻繁に使うことがあります。

女性からすると、この言葉に慣れてしまい、プロポーズの言葉として認めていないケースもあるのです。

シンプルに「結婚してください」というフレーズは、できるだけ付けてプロポーズを。
そうすれば、「気がつかなかった!」なんて言われることもありませんよね。

感動するプロポーズの言葉! 女性の本音はどんな心理!?

「結婚してください」「ずっと二人で一緒に暮らそう」「一生幸せにします」

プロポーズの言葉として、よく利用される言葉ですね。

ドラマ的には「あなたの人生を僕にください」「一生離さない」などもあります。
こうしたプロポーズの言葉を、女性はとても嬉しく思っています。
彼が必死に、伝えている姿も、目に焼き付いている物なのです。
何故なら、結婚してくれる事は、彼が本気で自分を愛してくれる証という心理が女性にはあるからです。

しかし、そんな素敵な言葉を一瞬にして青ざめさせてしまう言葉があります。
それは、「俺の親が、君の事を気に入ったから」「この辺で独身も潮時かと思って」「周りが結婚しろと、うるさいから」などです。
自分の意志ではない可能性を秘めた言葉をつけると、逆効果になる場合がありますので気をつけてください。

まとめ

時に、流行する言葉もある事でしょうが、大切なことは結婚する意志があることが伝わる事です。
彼女と結婚して数年たって、「あの時の言葉、可笑しかった」と言われても、内心ではとても嬉しくて幸せだったことに違いないのではないでしょうか?